茨木市でマタニティ整体1.000人の実績  茨木駅から徒歩2分

大阪府茨木市春日1-3-1・1F 茨木駅前整体院

土.日.祝日も営業
 

あなたの膝の痛みは、これで楽になる

50歳以上の5人に1人は膝の痛みを感じています

女性は男性の1.5倍の発症率だともいわれています。

膝の痛み

膝の痛みの中で最も多い症状で、膝関節の軟骨(クッションの役割)がすり減り、骨と骨が密着して関節に大きな負担がかかって痛みが起こります。

加齢とともにすり減っていく関節軟骨が膝の痛みを引き起こしますので、膝に痛みを抱える人たちが増えてしまうのです。

 

症状
  1. 長時間歩いた後や、歩き始めや立ち上がる時に膝が傷んだり朝起きるときに膝に違和感を感じる。
  2. 階段の上り下がりが辛くなったり、正座ができないなどの動きが制限されるようになる。
  3. 膝に水が溜まり正座が困難になったり、動かなくても膝が痛くなったり寝てても痛くて目が覚める。
  4. 膝の曲げ伸ばしが出来なくなったり、歩行が困難になる。

最大の原因は加齢!

痛くなる最大の原因は加齢

若いころは少しくらい無理をしても、筋肉がしっかりと膝関節を支えてくれるので負担は少なくてすみます。しかし、年齢が進むにつれて筋肉が衰えて膝への負担が増えてしまいます。関節軟骨も同じように衰えてくるので、今まで吸収出来ていた膝への負担を受け止められなくなってしまい変形が進み痛みが強くなるのです。しかし、一度すり減って変形した軟骨はもう元には戻ることはありません痛みを緩和するためには膝まわりの筋肉を強化するのと、悪い姿勢を改善して膝にかかる負担を軽減することが必要です。

膝を痛めやすい人
  • 女性
    体内環境の変化が骨に影響すると言われています。
    また、筋力も「男性に比べて弱いので症状が起こりやすいです。
     
  • O脚の人
    膝の関節面で体重が内側に偏るため関節のすり減りも偏ります。
    そして内側の関節軟骨が変形してO脚もさらに進行してしまいます。
     
  • 肥満の人
    歩くとき、膝には体重の約3倍の負荷がかかります。
    階段の上り下りではさらに大きく負担がかかります。
     
  • 脚の筋力が低下している人
    脚の筋力が低下すると、膝の安定性が悪くなり、膝への負担が増えたり関節軟骨の摩耗が起きます。

外圧による主な膝の痛み

  • 半月板損傷
    半月板は大腿骨と脛骨の間にあって、足から受ける負担を分散して衝撃を吸収する作用と膝関節の安定性や円滑な動きをする役割をっ持っています。
    激しい動きをしたりねじったりすると、半月板が亀裂をおこし鋭い痛みが起こります。
    また、半月板損傷は慢性化すると、動くだけで痛くなったり関節の中に水が溜まる症状を繰り返すようになります。
     
  • ジャンパー膝
    ジャンパー膝は、ジャンプをすると膝蓋骨の上、または下に痛みが発生します。バレーボール、バスケットボールなどのようにジャンプや着地動作を頻繁に行うスポーツを行う人に多い障害です。
    最近、当整体院でもサッカーをする人に多くみられるようになりました。この疾患は、痛みを我慢すると慢性化することが多いようです。
     
  • ランナー膝
    過度のジョギングやランニングが原因で膝痛が起こります。
    膝の外側が痛むのが特徴で、大腿骨の外側を押すと痛みを感じます。
    過度の膝の屈伸などが繰り返されることで、炎症を起こして痛みを引き起こすと考えられています。
     
  • オスグッド・シュラッター
    成長期の子供が、激しい運動をしているときに多くみられる疾患です。
    ジャンプや急激なストップ動作をすると膝に負荷が繰り返しかかるので、発症しやすくバスケット、バレーボール、サッカーなどをする人に多くみられます。
    膝を床についたり、階段の上り下りで痛みが強くなります。ひどくなると、通常歩行時にも鋭い痛みが起こることがあります。

過度の膝への負担は要注意!

膝関節は複雑な構造をしており、外圧からの衝撃には非常にもろい性質があります。

運動の前後には大腿四頭筋やハムストリング、ふくらはぎのストレッチは大切で、予防のためにも運動の後にクリールダウンのストレッチを行うようにします。クールダウンをしなかったことで、筋肉痛になったりすることがあります。自然な呼吸で、ゆったりとした気分で行いましょう。

運動で傷めた膝には保存療法が原則!

運動の一時中止や運動量のをコントロールして温熱療法、大腿四頭筋やハムストリングス、ふくらはぎの筋力強化を行います。

予防のために運動の前後にはウォーミングアップとクールダウンを行うことが大切です。また、膝サポーターの使用は有効です。

膝痛の予防と改善には! 

  • 膝痛の人の多くは運動不足で肥満傾向、また加齢により筋力が低下している!
    膝の動きが悪く、運動不足により筋力が低下すると、やがて膝だけではなく腰や脚、背骨までに悪い影響が出てきます。膝の関節軟骨を元の状態には戻すことは出来ませんが、減量や筋力を強化することで膝への負担を減らして痛みを軽減することが出来ます。
     
  • 膝の状態に合わせた運動を続けることが大切です!
    運動と言うとウォーキングと考えますが、「歩く」と膝には予想以上の負担がかかっていますから、膝が痛い時にはプールでの水中ウォーキングがお勧めです。また、流行のポールを使って歩くノルディックウォーキングもおススメです。普段から筋力強化のためのストレッチを行うと良いでしょう。
     
  • 筋力をつける運動のポイント!
    太ももの前面にある大腿四頭筋を中心に筋力強化を行います。この筋肉は歩くときや膝を伸ばす時に縮んで、膝への負担を減らしますが加齢とともに衰えやすい筋肉です。
    膝が痛いからと言って筋肉を使わないでいると関節の動きは悪くなり筋肉は細くなってゆきます。

膝痛を楽にするには

生活習慣を見直して、膝に負担をかけないこと

私の施術は

  • 膝関節の可動域検査を行い股関節、腰椎、足と足関節に異常がないかを調べ必要に応じた矯正を行います。
  • 身体の重心バランス軸を整えて膝関節への負担を軽減し痛みを緩和します。
  • 膝に負担がかからない歩き方や膝関節に必要な栄養素の上手な摂取についてもアドバイスを指導しています。

お問合せはこちら

あなたの症状や施術内容について、「不明な点や相談」などありましたら電話または問合せフォームよりお気軽に問合せください。

問合せお待ちしております

  • 相談だけでも大丈夫?
  • 仕事で帰りが遅いけど大丈夫?
  • 他で施術を受けているんだけど?
  • なぜ保険が使えないの?
  • 腰が痛い時には冷す、温めるどちらがいいの?
  • 妊婦なんだけど大丈夫?
  • 赤ちゃん連れでも大丈夫?
  • 子供でも大丈夫?

その他、体の不調について気軽にお尋ねください。

お電話での予約・問合せはこちら

072-625-7787

営業時間:9:00~21:00(月曜定休)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

072-625-7787

営業時間:9:00~21:00
(日祝20:00まで)
定休日:月曜日

土日・祝日も営業しています

こんな症状の方に

痛み

頭痛(偏頭痛)・肩こり腰痛
ぎっくり腰首痛背中の痛み寝違い・五十肩・坐骨神経痛
膝痛・股関節痛足首の痛み
踵の痛みお尻の痛み・偏平足
テニス肘・ゴルフ肘・外反母趾
手足のしびれや痛み
あごの痛み

不調

不眠生理痛生理不順
めまい疲れ目視力低下
耳鳴りのどの不快感

美容

小顔顔のゆがみ・むくみ
鼻を高くしたいねこ背
骨盤のゆがみ・O脚・X脚
ウエストを細くしたい
脚を細くしたいそり腰
身長を伸ばしたい

妊婦(マタニティ)

妊婦特有の辛い肩こり、
腰痛、背中の痛み、むくみ
産後の骨盤矯正

店舗情報

茨木駅前整体院

072-625-7787

代表:大久保 広幸

代表プロフィールはこちら

住所

大阪府茨木市春日1-3-1.1F

営業時間

 9:00~21:00

受付時間

   8:30~20:30

定休日

月曜日(祝日は営業)

年末年始、当店指定日

身体に優しく丁寧・親切な対応が好評です。お気軽にお問合せ・ご相談ください。

お問合せフォームはこちら

地図・行き方はこちら